雪山と犬

WOLFGANG MAN & BEAST BLOG No.23

いつもWOLFGANG MAN & BEAST BLOG をご覧頂いているみなさん、こんにちは。

スタッフの YOU です。

今年に入り、最強寒波襲来と何度も耳にしますが東京では先日48年ぶりの最低気温更新や大雪と今年の冬の本気さは尋常ではないと実感しています。

ただ、この寒さや大雪はスノースポーツをされる方々にとっては恵みの雪となり、全国各地で楽しまれているのではないでしょうか♪

WOLFGANG MAN & BEAST も、そんなスノースポーツと深いつながりがあります。

まず、アメリカ本社の副社長 Todd はサンディエゴ出身の元プロスノーボーダーです。

Todd は様々なスノーブランドのプロダクト制作のリーダーとしてキャリアを積んできたモノ造りのプロフェッショナルでもあります。

そんな経緯でWOLFGANG MAN & BEAST は、雪山・スキー・スノーボードとは特に深い関係があります。

以前スノーボーダーのJEREMY JONES を紹介しましたが( WOLFGANG MAN&BEAST BLOG NO.19 http://wolfgang.jp/pages/?p=1927 )、今回はプロスキーヤの JURIAN CARR(ジュリアン・カー)を紹介します。

このジュリアン。

クリフフロントフリップの世界記録保持者です。

クリフフロントフリップとは、通常じゃありえないクリフ=崖から滑り降り( 滑るなんて言えたもんじゃありません。落ちてるようなもんです。笑 )でフロントフリップ=前回転を決めるといったことです。

クリフ? フロントフリップ? となじみもない方も多くいらっしゃると思うので、世界記録の時の映像をぜひご覧ください。

こちらの動画の高さ210フィート(約64メートル)。

64メートルというと、大体ビル20階になります。

そこからスキーを履いて飛ぶのですから、想像しただけで全く想像できませんね。笑

           

そんな彼の愛犬はレキシー。

ジュリアンは、愛犬レキシーとファミリーで WOLFGANG MAN&BEAST の本拠地ソルトレイクシティーで生活をしています。

スキーには様々な種目があり、私自身もスキーを好んでよく滑りに行きますがクリフを滑るなんていう考えは、私には恐怖以外考えられません。

その他にも、スノーボードX-GAMEで数多くのメダルを獲得している Pat Moore (パット・ムーア) と愛犬のマーフィー。

彼もまたソルトレイクシティーで生活をしており、パットは犬に飼うことについて「愛犬と外に出かけることは、ハイキングをしたり自転車に乗ったり、普段は探していないクールな新しいスポットを見つけるための完璧な理由になるね」と、日々マーフィーと一緒にアウトドアを楽しんでいます。

       

ちょっと長くなりましたが、この様に WOLFGANG MAN & BEAST とウィンタースポーツは非常に深い関係があります。

さらにさらに、雪山と犬も深いつながりがあります。

映画「ベートベン」を知っていますか?

とある平凡な一家と、ペット泥棒の元から逃げ出した一匹のセントバーナードの物語です。

劇中に登場するセントバーナードですが、大型犬の中でも超大型犬と言われる種類に入ります。

スイスでは国犬とされ大事にされている犬種です。

性格も温厚で一般の家庭でも飼育しやすい犬種です。ただ、暑さに弱いので高温多湿の日本ではあまり目にしないかもしれませんね。

そんなセントバーナードですが、首から樽を下げたのを目にしたことありませんか?

この樽のなかには何が入っているか気になったことはありませんか?

かつてスイスの冬山で遭難した人々を助ける仕事をしていたセントバーナード。

そんなセントバーナードは首から樽をぶら下げており、その中身はラム酒やブランデーといったアルコール度数の高いアルコールが入っています。

遭難者などを発見した際の体を温めるために、この樽に入ったアルコールを飲ませたり

、お酒の他にも大きな体を使って救助者の体を温めたりなど救助の任務を遂行する非常に賢い犬なのです。

2月に入りスノーシーズン真っただ中だと思います。

ウィンタースポーツをこよなく愛する方々は、ゲレンデでは滑走禁止のエリアには十分注意し楽しみましょう♪

素敵な2018ウィーンターシーズンを、大切な仲間、愛犬とお過ごしください♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする