東京犬猫日和

WOLFGANG MAN & BEAST BLOG No.14

こんにちは! スタッフ T です。

10月に入り、すっかり秋ですね。

今日のお天気、北海道では気温も一桁台ですか~

いつも思いますが、ここから年末まではアッと言う間で、気がつけばすぐにお正月。

年末に向けて、時間の経つスピードが加速する感じを受けます。

時間と言えば、犬には過去と未来の時間の感覚がないと聞いたことがあります。

ただ「今この瞬間」を生きている。

昔を懐かしんだり、後悔したりするということは無いし
過去だけではなく未来への認識も無い、と。

実際はどうなんでしょうね?

AIなど、様々なテクノロジーが発達したら、いつか飼犬の時間の感覚が知れるようになるのでしょうか?

犬の寿命は7~14年ぐらいなので、どちらにしても、人間より時間の感覚は早いのは確かなのでしょう。

生きるスピードが早いので、人間が感じる1日の時間と、犬の感じる1日の時間には違いがあり、人間の1日のリズムが24時間周期なのに対して、犬の1日のリズムは7時間周期と言われています。

つまり、人間の3倍ぐらい時間が経つのが早い感じということでしょうか。

そう思うと、私も、飼犬たちと過ごす「今の時間」をもっと大切にしていきたいと思います。

そして、

「ただ、今この瞬間を生きている」というと、刹那的でなんだかカッコイイ感じですが、

逆に言うと、飼犬自身は未来に向けて何かを準備をしているわけではないと言う事。

この先にも、病気になったり、怪我をしたりすることもあるでしょう。

そして、どんな犬にでも必ず来る「老い」に対しても、当然ですが何も準備や心構えがあるわけではないという事。

だから、飼主が、飼犬の未来について意識をし、最後まで責任を果たさないといけないですね。

飼主は、飼犬と「今だけが楽しければ良い」というわけには行かないわけです。当たり前ですが大切な事です。

さてさて、今回は、『東京犬猫日和』についてご紹介したいと思います。

そして、犬猫の殺処分の問題についても少し。

『 東京犬猫日和 』は、

「 東京で美しく犬猫と暮らす 」をテーマにしたWEBマガジン & フリーペーパー です。

「 美しく暮らす 」と言っても、それは見た目のスマートさだけの事を言っているのではなく、多くの犬や猫が、人間の身勝手によって捨てられたり、殺処分されたりしている現状に対して問題提起を行い、人間社会においての犬と猫たちの幸せのカタチを考えて行動しよう、というテーマだと私は思っています。

社会派?な犬猫メディアですね♪

こちらは、『 東京犬猫日和 』のMOVIEページです。

これから、犬や猫を飼うつもりの人には必ず見てもらいたい動画が色々とピックアップされています。

リンクが取り上げられている動画の中でも、こちらは有名なひとつ。

「ある犬のおはなし。~殺処分ゼロを願って~」

もし、まだ見ていなければ必ず見て欲しいです。

私は見るたびに、本当に胸を締め付けられる思いがします。

そして、これから犬を購入しようと思ってる人は、

ペットショップへ行く前にこちらも見て欲しい。

「ペットショップにいくまえに」

商品である以上、必ず「売れ残り」が生じます。

売れ残りはいつか処分されてしまいます。

「命あるもの」を売買する際には、売り手にも買い手にも、細心の注意・心構え・マナー・ルールが必要です!!

愛犬家のみんなで意識を高く持ち、心構えと考え方を広めて行きましょう。

8月に発行された『 東京犬猫日和 』のフリーペーパーの特集は、WOLFGANG MAN & BEAST でも応援している『 WAMPERS 』の特集です。

WOLFGANG MAN & BEAST の取扱店でもあり、横浜最大級のアウトドア専門ショップである「 GOOD OPEN AIRS myX 」( マイクス )も『 東京犬猫日和 』をサポートをしています。

『 東京犬猫日和 』のフリーペーパーの設置店はこちらです。

ぜひ、お近くのお店でお手に取ってください。

(フリーペーパーの在庫があるかは直接、お店に聞いてくださいね)

それでは、また!

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする