BLOG No.50 サイズに悩んだら !!

みなさんこんにちは。スタッフのKです。

まだまだ厳しい暑さが続きますが、夏は短い!

暑さに負けず愛犬とアクティブに過ごしましょう!

さて、今回のテーマ「 商品のサイズ 」についてお話したいと思います。

WOLFGANG MAN & BEAST の公式オンラインショップでは、サイズチャートや首輪のサイズの計り方の動画を記載しており、ご購入前には必ず、愛犬のサイズの測定をお願いしています。

よくお客様から「 サイズに悩んでいます・・・ 」というご相談が寄せられます。

「 サイズが小さくて入らなかったら・・・ 」「 サイズが大きくてすっぽ抜けてしまったら・・・ 」と考えると、愛犬の首輪やハーネスのサイズ選びは重要ですよね。

サイズの相談でよくいただくのが、中間のサイズの場合です。

例えば、ポリエステル素材の首輪の S サイズは 20 ~ 30 cm、M サイズは 30 ~ 45 cmなので、愛犬の首回りのサイズが 30 cmの場合、どちらのサイズが良いのか悩む方が多いようです。

この場合、愛犬の減量を考えているという場合以外は、大きいサイズを推奨しています。

大きいサイズをおすすめする理由としては、小さいサイズを選んでしまうと、成犬の場合、少し体重が増えただけで入らなくなってしまう可能性があるためです。

まだ成長過程の子犬の場合は、すぐにサイズアウトして使えなくなってしまう可能性もあります。

WOLFGANG MAN & BEAST のポリエステル素材の首輪とハーネスは、ベルト部分のサイズ調節が可能なので、愛犬に合わせた細かい調節が可能です。

愛犬のサイズに合わせて、必ずサイズ調節をおこなってください。

この時、調節の目安として、指2本入るくらいがベストです。

ハーネスの場合は、各部の調節が可能なので、各部とも指2本分で調節しましょう。

これで「 すっぽ抜けてしまわないか 」という心配はクリアになりますね!

また、ポリエステル素材のリードについては、S サイズが巾 1.6 cm、M サイズが巾 2.5 cm、と巾の違いのみで、長さは同じ 122 cmとなります。

首輪、ハーネスとリードの巾が違うとおかしいですか?という質問もいただきますが、そんなことはありません。

おしゃれな柄を目立たせたいのなら、首輪やハーネスがSサイズでも、リードはMサイズをチョイスするのがおすすめです!


Instagram : @jack_johnson_russell

Instagram : @ulala_garm

ちなみにリードの強度については、Sサイズがおよそ108kgf、Mサイズが220kgfまで耐えられる引張強度を持っています。

適応する体重をJIS基準に当てはめると、細い巾のS サイズでも、約36 kgの体重の犬まで充分OKな強度ということになります。

さらにMサイズならそれ以上に重い大型犬でも安心です。

強度の詳細については、下記のブログをご参照ください。

■BLOG No.46 「リードの強度ってどのくらい?」

BLOG No.46 リードの強度ってどのくらい?
こんにちは! いつも WOLFGANG MAN & BEAST ブログをご覧いただき、ありがと...

新作の3モデルも入荷しているので、ぜひぜひそちらもチェックしてみてください!

正しいサイズを選んで、安心して愛犬と一緒に散歩やアウトドアを楽しみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする