フリスビードッグ

WOLFGANG MAN & BEAST BLOG No.5

いつもWOLFGANG MAN & BEAST BLOGをご覧頂いているみなさん、こんにちは。
スタッフのYOUです。

初めましてですので、簡単に自己紹介させて頂きます。
日ごろから外遊びを好み、春から夏は海やゴルフ。秋から冬はアウトドアや雪山と年中アクティブに動いております。

そんなアクティブな私が今回ご紹介するのは【 フリスビードック 】

みなさんなんとなくは耳にされたことあるかと思います。
簡単に言うと、人と犬がフリスビーを利用して遊ぶ、またはルールに則って競い合うスポーツです。

庭や公園、ビーチなど場所を選ばず手軽に遊べるのも特徴です。

フリスビードック歴史の始まりがまた非常に面白いんです。
1974年にメジャーリーグの試合の休憩中のパフォーマンスとして行われ、そのパフォーマンスが当時の世界フリスビー協会の会長の目に止まったのが始まりとされています。
日本で普及し始めたのは1994年頃で、日本での始まりもプロ野球の休憩時間のパフォーマンスから始まったとされています。

そして先日フリスビードックの大会にお邪魔してきました。
犬種は運動性に優れているとされるボーダーコリーが多いです。

特に私のお気に入りはこの子。

この佇まい。この表情。
お使い頂いている首輪とリードも星条旗柄のCamoFlagとまさにWOLFGANG MAN & BEASTのオーラが漂っています。

こちらのロングコートの子もつぶらな瞳でかわいいですね。
KBlockの首輪とリードが良く似合ってます。
日本でよく目にするボーダーコリーはこちらのロングコートが多いかと思います。

フリスビードックの競技では、イギリス系のスムースコート(毛が短いタイプ)の方が性格や運動能力が適しているということです。

フリスビードックは愛犬のしつけの要素も含まれていたりもします。
梅雨明けも間近だと思いますので、次のお休みは愛犬とフリスビー遊びをしてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする